初めてのアドリブ演奏、アップしてみました。

生まれて初めてアドリブが出来るようになった記念の演奏を録音で残してみる事にしました。
テンポ118なので、テーマ部分がかなりゆっくりで、粗とトチリが目立ちお聴き苦しいのですが、アドリブを12小節2回やってみました。
セッションまでに、もっと練習をしてテーマ、アドリブ共、うまくまとめたいと思っていますので、納得の演奏を後日、改めて載せたいと思います。
(あまりにテーマが情けない演奏なので、名誉挽回したいです^^)

演奏は下記ブログに載せました。
「ジャズピアノ、頑張ってます。」
http://piomio.seesaa.net/
[PR]

# by piomio | 2007-07-17 12:08 | ジャズピアノ・レッスン  

アドリブ・レッスン2回目。

セッションに向けてのレッスンに行って来ました。

生まれて初めて「アドリブ」が出来ました!

左手で裏拍を入れながら、Fのブルースのコード進行で右手のアドリブをしました。
私が12小節、その後先生が12小節、また私、先生、私、先生、・・・・・・。
途中で「ギブアップです!!」と言ったら先生が「搾り出して!」「まだ何かあるでしょ!」と言うので、また頑張りました。
家で練習していたスケールと、先生のアドリブを少しだけ真似てみたり、無い力を振り絞ってアドリブしました。
何とか、出来ました。
驚きました。
あんなに、絶壁だと思っていたアドリブへの入り口が開きました。
先生は「ここまでは早かったね(^^)  でも、この先、いくつも壁があると思いますよ。」と仰いました。
この先の壁なんて、今の私には想像も出来ません。
今、自分がアドリブへの扉を開けた嬉しさで一杯です。

さて、何故、アドリブが出来るようになったのか。

①スケールの練習により、鍵盤が未知の世界でなくなった
②単音でのリズムだけのアドリブを練習している内に、単音ではもの足りなくなって、少しずつ音を足して練習してみた。
③様々な楽器、テンポの「ビリーズバウンス」を聴いて、曲のハートを感じられるようになった。
④単音のアドリブ練習の頃から、アドリブの自由の楽しさを感じることが出来てきた。

こんなことが理由かと思います。

セッション当日は、ドラム・ベース・私のピアノ・サックスで演奏する予定です。
私のピアノとサックスでテーマを2回、私のアドリブを12小節3~4回、サックスのアドリブ、私とサックスでテーマを2回弾いてエンド。
私以外は、皆プロなので、プロの演奏に引っ張ってもらえるのが楽しみです。
[PR]

# by piomio | 2007-07-13 11:17 | ジャズピアノ・レッスン  

遅いテンポでの演奏は難しい!

セッションに向けて練習していますが、テンポが遅い場合は粗が見えるので却って難しさを感じています。
「ビリーズバウンス」オリジナルが165のところを98で演奏すると、ゆっくり過ぎて間延びしたり、3連符がきっちり弾けていない時はつんのめるように先走ってしまいます。
テンポ118では何とか感じが掴めますが、アドリブの速い所では苦労します。
明日のレッスンで先生がどんなアドバイスをしてくださるか、頼りにして、まずは丁寧にゆっくりテンポの練習しかないですね。
速く弾くのも難しいけれど、ゆっくりがこんなに難しいとは・・・・・・・・・・。
初めて気がつきました。
[PR]

# by piomio | 2007-07-11 09:10 | ジャズピアノ・レッスン  

初めての梅酒作り。

娘が「梅酒を作ってみたい。」と言うので、ブログ仲間のmichikoさんのレシピと、梅酒名人の友人からのレシピ、ネット上のレシピを参考に、二人で初めての梅酒作りに挑戦しました。

梅4キロ、焼酎4升、氷砂糖2キロ、プラス残り物のバーボンウィスキー少々で大量に作ってみました。

b0028746_7395730.jpg

右から2番目の琥珀色に見える瓶がバーボン入りです。
バーボンはアルコール度45位なので大丈夫だと思いますが、さて、うまく出来るでしょうか。

約3ケ月であっさり味に、1年ほど置くと深みが出てくる、とのことです。
楽しみに待ちたいと思います(^^)
[PR]

# by piomio | 2007-07-11 07:40 | インテリア・お洒落・料理  

テーブルコーディネイト・レッスン4回目提出作品。

6月の「父の日」をテーマに作った作品です。
お花見の頃に買った「椿の絵」のお皿を使いたかったので、そのお皿を中心に和洋折衷にしてみました。
b0028746_725693.jpg


先生からのアドバイスは、季節感を考慮すること、カトラリーレストを陶器の大きめの箸置きにした方は雰囲気が合いそう、など。
確かに、冬っぽいテーブルですね^^
次回は、夏がテーマになると思いますので、季節感を大切に再度頑張ります。
[PR]

# by piomio | 2007-07-10 07:25 | インテリア・お洒落・料理  

初めてのアドリブレッスン。

今日の東京地方は暑かったです。
そんな中、ジャズピアノレッスンも4回目に行ってきました。

【 レッスン内容 】
○ ブギウギハノン 11,12,13。
12番は左手をテヌートで。
右手は譜面を参考に、その音を使ってアドリブする練習。
しかし、私は、左手をテヌートにすることに気を取られて、アドリブどころでないので、先生が右 手を「ド」と「レ」だけで、リズムのアドリブという感じの練習に変更してくださり、何とか、単音でアドリブ。
(ほとんど、幼児がピアノをいたずらしているような雰囲気のアドリブです。)
それが出来たら、「ドラソ」「レシラ」の音を使って同じようにアドリブの練習。
初めは、全く出来なかったけれど、先生がお手本を弾いてくださるので、だんだん、雰囲気をマネて、いいリズムで出来たカナ?
(知らない人が聞いたら、こわれたピアノを幼児が弾いている感じかも知れません。)

いきなり両手での練習なので驚きましたが、その方が力が付くでしょうね。

続いて13番は左手を3連符でスイングさせ、右手でアドリブ。
これは、左手がうまく3連符でスイング出来ないので、しどろもどろ・・・。
次回までの宿題となりました。

しかし、びっくり。
こうやって、もう本当にアドリブして行くんですね。

○ ビリーズバウンス
テンポ98で、テーマからアドリブまで通して弾きました。
(テンポが遅いので、妙に粗が目立ち、かなりまずい演奏でした。自分では、家ではもう少しうまく弾けていたつもりだったので、恥ずかしかったです。)

【 先生からの大事なポイント 】
①遅いテンポで弾く時は、メトロノームを3連符にして、楽譜のリズムを丁寧になぞること。 
②セッションでは、リズムに乗ることが一番大事。自分が アドリブを 「タリラリリリリタリタリ」 と速く弾いて気に入ったとしてもリズムに乗っていなければ聴く側には良く聴こえない。
「タ」 だけでも、リズムに乗っていれば、その方がいい。
③セッションでは、他の人の音をよく聴きながら弾く事。

【 その他の宿題 】
○ スリーノートヴォイシング全調練習。
○ ビリーズバウンスのアドリブの為、左手裏入れの練習。
(左手で、裏のリズムを取りながら、右手で「ラドレファ」の音を使いアドリブする練習。)

以上、かなり、高度になってきました。
セッションの為、急遽、来週もレッスンしていただくことになりました。
[PR]

# by piomio | 2007-07-05 17:55 | ジャズピアノ・レッスン  

3,4年越しの夢、無線LANでインターネット。

数年前から、無線LANが便利そうなので興味深々でした。
本を読んだり、無料の講習会に参加したり、勉強しましたが、知れば知るほど無線の恐さも教えられ、なかなか踏切れないまま月日は過ぎていました。

しかし、この度、主人が新しく携帯用ノートPCを買ったので、いよいよ無線LANにすることにしました。

居間に置いているデスクトップは英会話に使うので、通信の安定性を重視し有線で繋ぎ親機としました。
そして、主人のビスタも簡単に繋げました。
セキュリティキィも設定しました。

しかし、娘のノートPC(WindowsXP サービスパック2)が繋がりません><
Windows のファイアーウォールもウイルスバスターも外してトライしているのですが、今のところ、繋がりません。

近所のどなたかの無線らしい、「セキュリティ設定のないネットワーク」というものがリストに出ていたので、それで繋ぐと、繋がります。
ですから、PCそのものは繋がる機能を備えていることは間違いないのですが、セキュリティをかけた我が家のLANネットに繋がらないのです。

朝からやって、もう、夕方になってしまいました。
これから、夕食の準備です。

どなたか、わかる方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いいたします。。。。。。

また、明日以降、じっくり説明書を見て、サポートに電話などして、頑張ります。 トホホホ・・・・。
[PR]

# by piomio | 2007-07-04 16:54 | 日々のこと  

久々のクラシックコンサート鑑賞。

N響の6月定期公演へ行ってきました。

アジュケナージさん指揮ベートーベン交響曲6番「田園」と、交響曲7番です。
私は、クラシックはあまり詳しくないので7番を知らなかったのですが、「田園」が大好きなこととアシュケナージさんのファンなので是非聴いてみたいと思ったのです。
しかし、チケットは3階の奥E席しか空いていませんでした。
でも、チケット代は破格の1、500円です。
うーーん、試しに3階隅っこの席で聴いてみよう。そして、もし、その席でも良かったら、年金生活になった時には、この安価な3階E席でクラシックを楽しもう、と思い、今日、初めてNHKホールの一番高い位置のお席で鑑賞しました。
いやいや、充分でした。
柔らかくて充分に満足な美しいハーモニィーです。
一緒に行った娘も同じ感想でした。

まず、一曲目「田園」。
とても良い演奏でした。
奇麗な音色、ハーモニィーがふわーーんと、私を包んでくれる感じです。

次に、初めて意識して聴いた7番。
私としては1楽章の印象が薄いのですが、2、3、4楽章は好みでした。
聴衆の拍手もすごかったです。

このところ、忙しい日々を過ごしていた私にとって、クラシックは日ごろの埃を落としてくれる感じがします。

クラシックは私に心の豊かさを与えてくれます。
心を清くしてくれます。(その時だけかも知れませんが、清くなる気がするのです^^)

そして、ジャズは、何でしょう?
何かを与えてもらうのではない感じがします。
うーーん、まだ、わかりません。。。
[PR]

# by piomio | 2007-06-30 22:17 | 音楽のこと