カテゴリ:音楽のこと( 9 )

 

久々のクラシックコンサート鑑賞。

N響の6月定期公演へ行ってきました。

アジュケナージさん指揮ベートーベン交響曲6番「田園」と、交響曲7番です。
私は、クラシックはあまり詳しくないので7番を知らなかったのですが、「田園」が大好きなこととアシュケナージさんのファンなので是非聴いてみたいと思ったのです。
しかし、チケットは3階の奥E席しか空いていませんでした。
でも、チケット代は破格の1、500円です。
うーーん、試しに3階隅っこの席で聴いてみよう。そして、もし、その席でも良かったら、年金生活になった時には、この安価な3階E席でクラシックを楽しもう、と思い、今日、初めてNHKホールの一番高い位置のお席で鑑賞しました。
いやいや、充分でした。
柔らかくて充分に満足な美しいハーモニィーです。
一緒に行った娘も同じ感想でした。

まず、一曲目「田園」。
とても良い演奏でした。
奇麗な音色、ハーモニィーがふわーーんと、私を包んでくれる感じです。

次に、初めて意識して聴いた7番。
私としては1楽章の印象が薄いのですが、2、3、4楽章は好みでした。
聴衆の拍手もすごかったです。

このところ、忙しい日々を過ごしていた私にとって、クラシックは日ごろの埃を落としてくれる感じがします。

クラシックは私に心の豊かさを与えてくれます。
心を清くしてくれます。(その時だけかも知れませんが、清くなる気がするのです^^)

そして、ジャズは、何でしょう?
何かを与えてもらうのではない感じがします。
うーーん、まだ、わかりません。。。
[PR]

by piomio | 2007-06-30 22:17 | 音楽のこと  

“仙台ジャズフェス”と“吉祥寺音楽祭”

堪能しました!仙台ジャズフェス!
お天気にも恵まれ、(ようこさんとシュミットさんのお祈りが効いたようです。)情熱、音楽、お祭り・・・いろいろな雰囲気を楽しんできました。

「ああ、ジャズフェスは病みつきだわ。」と思って帰京したら、「吉祥寺でも似たイベントをやっているよ。」と教えてくださる方がいて、さっそく調べたら、ありました。

“吉祥寺音楽祭”といい毎年5月に行われ、もう20年以上続いているそうです。
来年は、更に楽しみが増えました。

今回の仙台行きでは、あれこれスケジュールを満杯にして出かけたのですが、デジカメの電池が切れていて、さっぱり写真が取れませんでした。
5年前の製品のせいか、電池を充電しても短期間で無くなってしまうみたいです。
b0028746_18572012.jpg










充電が完了して、ようやく翌朝、仙台駅を写しました。
私にとっては、懐かしく大切な風景です。
[PR]

by piomio | 2006-09-13 18:54 | 音楽のこと  

表参道ヒルズへ

b0028746_17582874.jpg

今日は娘からのリクエストにより表参道ヒルズでランチを食べました。ものすごい混雑でした。話題の場所だけに建物もお店も斬新で刺激を受けて帰宅しました。
[PR]

by piomio | 2006-08-06 17:58 | 音楽のこと  

携帯電話での投稿に初挑戦。

b0028746_105367.jpg

代々木ナルですごいジャズを堪能してきました。途中から人気ナンバーワンの大坂昌彦さんのドラムが加わり最高でした!
(写真は、何が写っているか全然わからなくてすみません。)
[PR]

by piomio | 2006-07-20 10:53 | 音楽のこと  

千住真理子さんのコンサート!!

昨年、バイオリニスト千住真理子さんの母、文子さんの書いた「千住家にストラディヴァリウスが来た日」を読んで以来、そのストラディヴァリの演奏が聴きたくてとても楽しみにしていた千住真理子さんのコンサートに、遂に行って来ました。
千住真理子さんの挨拶トークの後、コンサート最初の曲「ヘンデルのラルゴ」の初めのピアニッシモの音が流れた途端、訳もわからず目頭が熱くなり涙が流れて止まりませんでした。
一緒に聴いていた主人も、やはり目頭を押さえていました。
素晴らしい音色であり演奏でした。
アンコールを3曲も弾いてくださいました。
アンコールの一番最後に「G線上のアリア」を演奏してくださった時も涙がぽろぽろ・・・でした。
初めての経験でした。

千住さんもストラディヴァリも観客も皆、満足したコンサートだったと思います。
千住真理子さん、素敵な時間をありがとうございました。

b0028746_2113421.jpg


b0028746_2113332.jpg
[PR]

by piomio | 2006-04-12 21:13 | 音楽のこと  

仙台フィル「シーズンオープニングコンサート」

仙台に住んで、もう4年近くになるのに、今回、初めて「仙台フィル」の演奏を聴きました。
シーズンオープニングコンサートのせいか、素晴らしい演奏で「熱演」という感じでした。
こんな素晴らしいオーケストラの演奏が身近に聴けるなんて、仙台は素敵な街ですね。
b0028746_12235066.jpg
[PR]

by piomio | 2005-04-17 12:25 | 音楽のこと  

フランクフルト放送交響楽団コンサート

先日、上記コンサートに行ってきました。
曲は、ベートーベンのエグモント作品84-序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64(諏訪内晶子さんのヴァイオリン)、シューベルトの交響曲第9番ハ短調D.944「ザ・グレイト」でした。
久々にオーケストラ生演奏の柔らかなハーモニーと、諏訪内さんのヴァイオリンの名演奏にうっとりしてきました。

ところで、私のブログは、無料ブログを提供してくれている「エキサイト」が、機能混乱中の為「コメント」欄が表示されなくなってしまいました。
現在、「エキサイト」が一生懸命原因究明に当っているそうですので、「コメント」欄の復活にもう少しお待ちくださいますようお願いいたします。
[PR]

by piomio | 2005-02-13 11:57 | 音楽のこと  

シベリウス高校歓迎レセプション

先日、宮城三女高80周年記念として招かれた、フィンランド「シベリウス高校合唱団」のレセプションパーティに出席する機会がありました。フルーティストの瀬尾和紀さんとのミニコンサートも行われました。素敵なフルートと、とても美しい歌声の混声合唱にうっとりしてきました。
シベリウス高校の生徒の中には、英語が堪能な生徒も多く、私もつたない英語で、少しばかり国際交流にチャレンジしました。
短い会話でしたが、一人の女子生徒に下記の話を聞くことが出来ました。
 ・仙台は、大きな都市ですが、落ち着いた美しい街ですね。
 ・音楽家では、シベリウスが一番好きです。
 ・歌が大好きで、ピアノとバイオリンも弾いています。
とのことでした。
b0028746_169423.jpg
b0028746_16917100.jpg

b0028746_2025620.jpg
【英語翻訳サイトを参考に英訳してみました。】
There was an opportunity to attend the reception party of the Finland "Sibelius high school chorus" on the other day.
They were invited as 80th anniversary of Miyagi daisan girls high scool.
The mini concert of the flutist, Mr. Kazunori Seo, was also held. It has been absentminded in the great flute and the mixed chorus of very beautiful song.
Although Finland is the country of a fin word, many of students can speak English.
So I tried international exchange.
I talked to a student for a while in English.
She said - Sendai is a big city, and it is the quiet beautiful town,isn't it. At a musician, she loves Sibelius. - She loves song,play the piano ,and violin.
** まだまだ、英語は未熟なので、多分、おかしい文章もあると思いますが、これからの進歩にご期待ください (^^;
[PR]

by piomio | 2004-11-07 09:50 | 音楽のこと  

ベートーベン作曲「運命」

今年、3回感動したベートーベン作曲交響曲第5番ハ短調「運命」op.67について。

春、偶然聴いた「N響アワー」の「運命」
・・・たぶん、スクロバチェフスキーさんの指揮だったと思いますが、速いテンポで、聴衆がその音楽の魅力に引きずりこまれてしまう怒涛のような「運命」でした。感動の余韻が、とても長い時間残っていました。

夏、県民会館、「ベルリン交響楽団」の「運命」
・・・テンポは、スクロバチェフスキーさん程速くはないけれど、アクセントの効いた、やはり感動の「運命」でした。観客の感動は、「アンコール」の連鎖を呼びました。

秋、先週の「N響アワー」アシュケナージさんの「運命」
・・・これも、素晴らしかった。速めのテンポでありながら、モデラート、スラー、深さ、を感じるいい曲でした。

忘れない内に書きとめてみました。
[PR]

by piomio | 2004-10-25 13:47 | 音楽のこと