カテゴリ:本のこと( 1 )

 

「ヒラリー」と「ライス」、あなたは、どちら派?


機会があって、「ヒラリーとライス-アメリカを動かす女たちの素顔-」岸本裕紀子著 を読んだ。
女性にとっては特に興味深い二人であると思う。

私は、何となくライスさんに憧れを持っていたが、ヒラリーさんは、頭はいいけれどお金持ちのお嬢ちゃま奥様というイメージで偏見的に見ていた。

しかし、ヒラリーさんは、意外にも普通の家庭に育ち、その中で勉強に目覚めていき、大学ではオシャレを忘れる程勉強し、議論し、学びを深めているのである。

一方、ライスさんは、輝かしい経歴までには、「黒人差別を越えるには、白人の二倍優れたものになる」という両親の戦略により、やはり、良く勉強し、ピアノ、スケート、語学なども相当のレベルを身に付けている。

二人の違いを少し挙げてみると、

ライスさんは、滅多に感情を表に出さないが、ヒラリーさんは、泣いたり怒ったり有頂点になったり、うじうじと悩むこともある。

ライスさんは、気配りの達人でサポート能力にも秀でるが、ヒラリーさんは、お節介で何事も自分がコントロールしたいほう。

ライスさんは、障害を避ける勘が鋭く、ヒラリーさんは、敵と向かい合いながら力を付けていく。

ライスさんは、物事の潮目を見るセンスが抜群で、ヒラリーさんは、落ち込みからの再生力がある。

・・・などなど。

ここには書ききれないけれど、ちょっと、面白かった本でした。
[PR]

by piomio | 2006-12-06 20:10 | 本のこと