カテゴリ:資産運用( 5 )

 

東京経済大学での聴講スタート。

ジャズピアノを始めてから、すっかりピアノ中心の生活になってしまい、ブログを書く時間がとれない毎日ですが、昨日、これも念願の「大学で経済を勉強してみたい!」がかない半年の聴講が始まりました。

うーーーん、良かったです。
野村證券の冠講座とのことで、第一線で生の経済・投資・運用に関わっている方が講師です。
大学といっても、こんなにわかりやすい教え方なのね、と驚くくらい、わかりやすく教えてくれます。

内容的には、わかっている事が多いのですが、30%ほどが新しい知識になり、ちょうどいい難易度でもあります。

来年1月まで、週1回、計10回の講座、次回も楽しみです!

(大変申し訳ありません。コメントをいただいてもお返事する余裕がないので、今回はコメント欄をなしにしました。元気の証に、近況報告がてら書きました。)
[PR]

by piomio | 2007-10-05 19:55 | 資産運用  

東京経済大学キャンパスの桜、と「特別聴講」。

b0028746_1557872.jpg



b0028746_15573264.jpg



b0028746_15575364.jpg


東京経済大学では「特別企画講義」と題し、社会人にも無料で聴講させてくれる講義があるという事が先日の日経新聞に載っていたので、今日、申し込みに行ってきました。

私が受講するのは、「資本市場の役割と証券投資」で今年9月から来年1月まで、週一回です。

詳しい内容は、

1.ガイダンス
2.経済情報の捉え方
3.経済成長と金融資本市場について
4.証券投資のリスクとリターンについて
5.株式市場の役割と投資の基礎知識について
6.債券市場の役割と投資の基礎知識について
7.投資信託の役割と投資の基礎知識について
8.ポートフォリオマネジメントについて
9.市場のグローバル化と証券投資について
10.資産運用とライフプラニング
11.資本市場における投資家心理について
12.個人投資家と証券ビジネス

となっています。
どれも、聞き逃せない興味深いものばかりです。

大学は、国分寺駅から徒歩で15分ほどですが、途中、緩やかながらも長い坂があり、息がきれます。
休まず、半年近く通い続けられるでしょうか。
少々、不安ですが、楽しみでもあります。
頑張ってみます^^

写真は、満開のキャンパスの桜です。
今日は、風が強かったので、花びらがひらひら、きらきら、と舞っていてそれも美しかったです。
(しかし、カメラの能力不足を痛感します。桜の美しさが写しきれていません。それとも、私の腕の悪さ???画像のサイズなど小さくするからでしょうか????)
[PR]

by piomio | 2007-03-30 15:44 | 資産運用  

「郵便局の投資信託」は安心?

団塊世代の退職金に狙いを定めたかのように、「投資」を勧める広告が多く目に付くようになった。
最近では、郵便局へ行くと「郵便局の投資信託」という大きなポスターが貼ってあり、大きな郵便局では、簡保と同じように「投資信託」用の窓口まである。

しかし、「投資信託」は、定期預金とは違い「損」をすることのある「投資」である。
そして「郵便局の投資信託」と書いてあるが、実態は野村証券や大和證券などの「投資信託」を郵便局で販売しているだけなのである

私は、「郵便局の投資信託」というネーミングで「郵便局」でやっているから安心そうだと思わせるところが危ないと思う。

実際「郵便局の投資信託」を買っている人の約8割が、今まで株すら買ったことのない人で、6割以上が60歳以上だそうだ。

「投資信託」は、リスク面など、ほとんど「株投資」と変わらない。

「投資信託」の価格である「基準価額」は、株価と同じように毎日変わる。
出来るだけ「安値」で買えればよいが「高値」で買ってしまうこともあるだろう。

最近よくある「毎月分配型」では、基準価額10,000円で買った「投資信託」に毎月60円の配当があったとして、仮に3年ほどして家の改築などの為売却しようとしたら、基準価額が6,500円に下がっているなどということが考えられるのである。
しかも、買った時には、1%~3%位の手数料も支払っているのだ。
有名な「グロソブ」に至っては、解約時の手数料もかかる。

老後の生活の足しに「分配金」を、と思っても簡単にはいかないのである。
それなのに、郵便局で投資信託を勧めるとは・・・・・・・・・・・。

何故、投資経験のない人を市場に参加させようとするのか。

投資経験のない人が損をする確立は高いと思う。
その「損」は、他の誰かの「利益」になる。
そう考えると、一握りの「勝ち組」の「利益」を更に増やすことが目的ではないか、と思ってしまう。

しかし、「資産運用」を考える場合、「投資」は必ず勉強する必要のあるものだ。
その為には、まず、少額投資から始めて経済や市場のことを勉強していくことも一つの方法だと思う。
[PR]

by piomio | 2007-03-04 10:30 | 資産運用  

資産運用の話 その2 <金利と為替>

資産運用に欠かせないのは、「分散投資」だそうで、昔は「土地と現金と株」に分散するのが良いと言われていたのですが、近頃は「国際分散投資」が必要なのだそうです。

そこで、「為替」の知識が重要になるのですが、為替はどんな時に上がったり下がったりするのかを知らなければなりません。
最近の「アメリカの利上げが止まるようだ。」「日本のゼロ金利が解除されるようだ。」とのニュースから、為替が、どう動くかを予想してみる必要がありそうです。

USドルと円との関係だけで考えると、日本の金利が上がり、アメリカの金利が上げ止まると円高になりそうです。

そうすると、円高下では収益が減少する輸出関連企業の株価が下がり、今まで高くて買えなかったHONDAなどを買うチャンスがきそうです。

また、ドルMMFなども買いのチャンスなのではないかと思っていますが、今朝の「テレビ東京」では「金利上昇局面では、外貨預金は避けるべき。」と言っていたので、もう少し勉強が必要です。

いよいよ今週末にはゼロ金利が解除されそうです。
どんな風に変化していくのでしょう。
せっかく元気になってきた日本経済が冷水を浴びたようにしぼみませんよう期待しています。
[PR]

by piomio | 2006-07-11 10:03 | 資産運用  

資産運用の話 その1

東京は、このところ梅雨とは言っても暑~い日が続いて真夏のようです。

春から始めた資産運用の勉強も、もう3ケ月目になりました。
何かに興味を持つと猪突猛進の私の今の興味が、「金融、投資、世界の政治及び経済情勢」というところでしょうか。
勉強方法は、本・ネット・セミナーなどを活用しています。
本やセミナーは勿論ですが、ネットがなかなかいい情報をもたらしてくれます。
数年前、パソコン・インターネットに夢中になったおかげで、今、ネットのありがたさを痛感しています。
そして、ネットの中でも個人のブログから本当に様々な情報が得られます。
情報の取捨選択が重要になりますが、また、それにも、ネットを活用することができます。

ところで、日本の金利が低すぎることで検討を始めた「投資信託」による資産運用ですが、ここにきて日本の金利が上がりそうになってきました。
すでに、色々な銀行で以前より高い利率の定期預金をキャンペーンとして設定してきています。
一番高いと思われるのは、「新銀行東京」の「1周年特別金利キャンペーン」の3年1.5%、5年1.7%ではないかと思います。

早速、口座を作りましたが、この銀行は驚くことに、ネット又は電話での取引が主となっていました。
銀行としては、色々な経費が浮きますよね。
今後は、こんな世界になって行くのでしょうね・・・時代の変化を感じました。

しばらくは、「お金」の話題のブログになりそうですが、よかったら、おつきあいくださいませ。
[PR]

by piomio | 2006-06-30 11:38 | 資産運用